【ワキ美人に!】ワキの黒ずみの原因と対策

夏は『海水浴』や『キャンプ』など楽しいイベントが増える季節です。服装も露出が多めの可愛いものが増えてきますよね。そんな楽しいイベントが盛りだくさんの季節に、ワキの黒ずみが原因で・・・

『ノースリーブやかわいい水着を着れない・・・』
『彼氏や友達と温泉やお泊りに行けない・・・』
『電車やバスでつり革を持つと人目が気になる・・・』

等の悩みを抱える女性は少なくありません。これでは、せっかくの楽しいイベントも、おもいっきり楽しむことができませんよね。ここでは、そんな女性の悩みを少しでも解決するため!ワキ美人になるため!の基礎知識を紹介していきます。

ワキの黒ずみの原因を知り【ワキ美人に!】

ワキが黒ずんでしまうのには、いくつが原因があります。もしかしたら、普段のケア(処理)がワキの黒ずみの原因を作ってしまっている可能性があるかもしれません。

特に、私たちが一般的に言う黒ずみ(シミ)は黒色メラニンと呼ばれるメラニン色素が肌に過剰に蓄積した状態の事を言います。この黒色メラニンは『悪者』として認識されがちですが、黒色メラニンは紫外線から肌を守る重要な働きがあります。

通常、役目を終えた黒色メラニンは、身体の外へ排出され(ターンオーバー)黒ずみになったりしないのですが、いくつかの条件下では過剰に黒色メラニンが生成されターンオーバーのサイクルが乱れてしまうことがあります。本来身体の外へ排出されるはずだった黒色メラニンが排出されず肌にとどまってしまうと、黒ずみ(シミ)になってしまうのです。

つまり、『黒色メラニンが生成されない方法!』ではなく、『ターンオーバーのサイクルが乱れない方法!』を知っておく必要があります。

ワキの黒ずみの原因【物理的な刺激】

ワキの黒ずみで最も多いのがこのワキに与える【物理的な刺激】となります。これにはありとあらゆる刺激が含まれてしまうのですが、具体的には『普段の入浴』『(ワキ)ムダ毛処理』『服との摩擦』『紫外線』等の外部刺激のことを指します。

普段の入浴がワキの黒ずみの原因に!?

例えば、『普段の入浴』。頭ではわかっていても、『黒ずみ=汚れ』と思い、ゴシゴシ!ゴシゴシ!ゴシゴシ!洗っている方は少なからずおられます。黒ずみは汚れではなく肌、つまり皮膚の一部です。

強くこすることで、それが刺激となり黒色メラニンが過剰に生成される場合があるので、肌は優しく洗う必要があります。また、洗浄力が強すぎる石鹸やボディーソープにも注意が必要。

強すぎる洗浄成分は、本来肌に必要は皮脂膜まで取り除いてしまいそれが原因で肌の乾燥やかゆみの原因になることがあり、これも黒色メラニンが生成される原因になることがあります。ですので普段の入浴は、『優しい洗浄成分』で『優しく洗う』ことが大切になってきます。

ワキのムダ毛処理が黒ずみの原因に!?

次に、『(ワキの)ムダ毛処理』について。
この時にも注意点がいくつかあります。一般的にムダ毛処理にはカミソリが使用されることが多いのですが、できればカミソリではなく、電気シェイバーをお勧めします。やはり、カミソリは当然ですが、カミソリの刃が直接ワキに触れてしまうため、どうしてもワキのトラブルが多くなってしまいます。

ただでさえワキの下は自身では見づらく処理し辛いです。「細かい隆起に気づかず皮膚を切ってしまった。」なんて経験、女性なら一度はされたことがあると思います。もちろん傷は黒ずみのように見えたりしますし、カミソリの刺激により黒色メラニンが過剰生成される場合もあります。

その他にも毛穴を傷つけてしまうと本来皮膚の外に生えてくる毛が皮膚の下でとどまり続ける場合があります。こうなってしまうと皮膚を切らない限りカミソリでも処理することができなくなります。もちろん、皮膚の下に留まっている毛はワキを黒く見せてしまいます。

力づくで皮膚から、毛を抜き取る毛抜きもオススメできません。綺麗に抜ければ気持ちがいいですが、ワキにはかなりの負担がかかります。刺激が強いのでもちろん黒色メラニンも生成されます。また、無理やり引っ張るので毛の周りの皮膚が炎症して黒ずみのように見えてしまうこともあります。

ですので、ワキをセルフケアするのであれば肌に優しい電気シェイバーを使用するようにしましょう。

どうしてもカミソリでワキのケアをしたいのであれば、専用のクリームやジェルを塗り同じ場所を何度もそらないように心がける必要があります。他のケア方法でも共通になりますが、ムダ毛処理後には十分保湿することも重要になってきます。

もし、経済的・時間的に余裕があるのであれば、プロ(医療脱毛)に任せるのが一番です。セルフケアと比べ圧倒的に肌への負担が少なく、きれいに処理してくれます。

脱毛部位が選べる、医療脱毛【渋谷美容外科クリニック】のバナーを貼っておきますので、良ければ参考にしてみてください。カウンセリングは無料です。


服とワキの摩擦が黒ずみの原因に!?

ワキは股下同様に、数少ない皮膚同士で摩擦が頻繁に起こってしまう部位でもあります。この皮膚同士の摩擦でさえワキの黒ずみの原因になってしまうことがあります。

特に、ムダ毛処理をした後は注意が必要です。ムダ毛処理をした後は、「短い毛で肌がチクチク」しますよね。これはいいかえれば、ヤスリでワキをゴリゴリこすっているのと同じ状態です。

こういった場合は、ワキ汗パッドがオススメです。できれば服に貼タイプではなく、ワキに直接貼るタイプのものがオススメです。直貼りタイプの汗ワキパットを使うことで、対ワキや対服に対する摩擦の軽減することができます。

ただし、直貼りタイプの汗ワキパッドは蒸れやすかったり汚れが溜まりやすかったりするものもあるので注意が必要です。通気性が良い物や、防臭効果があるもの等イロイロなタイプの商品が販売されているので一度チェックしてみてください。

紫外線がワキの黒ずみの原因に!?

紫外線が肌にあたることで黒色メラニンが過剰に生成されてしまい黒ずみの原因になってしまうことは、多くの方がご存じだと思います。ただし、ワキの下は『日陰だから・・・』『服の下だから・・・』とUVケアを怠っていませんか?

ここでは、深く触れませんが紫外線には種類(UVA・UVB)があり地面や壁に反射したり、服をすり抜けたりしてワキ下にも影響を与えるので、日焼け止めを塗るなどしてUVカットを心がける必要があります。

ただし、日焼け止めがワキに残ると、皮脂が詰まったりニオイの原因になることもあるので、入浴時には優しく洗い流し、入浴後は保湿してあげることが大切になってきます。

最後にワキの黒ずみ対策にオススメの商品をご紹介

シークレットケアジェルは脱毛器メーカーが製薬会社と共同で企画・開発した黒ずみ美白ジェルでワキやVIOの黒ずみが気になる方のための商品です。(ワキやVIO以外にも膝や肘などの黒ずみにも使用することが可能です。)

ワキの黒ずみ改善に重要な『抗炎症』『美白』『保湿』効果がこの一本に集約されています。30日返金保証があるので、万が一肌に合わない場合は、代金は不要です。商品の詳細は下記のリンクから確認できます。