【ベルタ葉酸サプリは飲まない方がいい!?】副作用や含有成分について解説!

テレビや雑誌など数多くのメディアにとりあげられている葉酸。葉酸は妊娠前、妊娠中、妊娠後の授乳期にも大切な栄養成分であることは多くの方が知っていると思います。そこで便利なのが手軽に葉酸を摂取することができるサプリ、ベルタ葉酸サプリ。

ただ、妊娠前、妊娠中、妊娠後の授乳期はママにとっても赤ちゃんにとっても、とてもデリケートな時期。数多くのお薬が制限される中、「ベルタ葉酸サプリを飲んでもいいの?」「副作用は無いの?」と疑問をもつママさんも少なくないでしょう。ここではそんなママさんの疑問に答えていきたいと思います。

用法・用量さえ守れば、ベルタ葉酸サプリはママの強い味方

お薬には必ず、使用方法をまとめた《用法・用量》というものが必ず存在します。これと同じようにベルタ葉酸サプリにも《用法・用量》があります。これを守りさえすれば、大きな健康被害が起こることはまずありません。

もちろん、サプリメントは食品(健康食品)なので、その人の体質に合う・合わないがあり全てのママが快適に服用できるわけではありませんが、これは他の食べ物でも同じことですよね。

また、ベルタ葉酸サプリは、葉酸も含めて《ビタミンB6》《鉄》《ビオチン》等、妊娠前~授乳期までに不足しがちな栄養素を小さい錠剤にギュッと濃縮したも。体質や服用方法によっては、思わぬ症状がでてしまうかもしれません。急に慌てない為に、ベルタ葉酸サプリに配合されている栄養成分で、どういった症状がおこる可能性があるか確認しておきましょう。

サンプル

ベルタ葉酸サプリに含まれている栄養効果と主な副作用一覧

種類栄養成分主な栄養効果主な副作用
ビタミン類ビタミンC皮膚や血管の老化防止過剰摂取で軽度の下痢
ナイアシン代謝UP・血行促進過剰摂取で一時的に皮膚が軽度の炎症
ビタミンE抗酸化作用・血行促進過剰摂取で軽度の下痢
パントテン酸ストレス緩和・動脈硬化予防・・・
ビタミンB2脂肪燃焼・新陳代謝UP過剰摂取で軽度のかゆみ・しびれ
ビタミンB1疲労回復効果・・・
ビタミンB6新陳代謝UP・つわりの症状を緩和過剰摂取で腎臓結石や感覚神経障害
葉酸胎児の神経管閉鎖障害を予防過剰摂取で発熱・じんましん
ビタミンD骨を丈夫に過剰摂取で脱水症状・嘔吐
ビタミンB12貧血予防・・・
インシトール生活習慣病予防・・・
ベータカロテン抗酸化作用・免疫機能を正常に過剰摂取で柑皮症
ビオチン糖の代謝UP・免疫機能を正常に・・・
ミネラル類カルシウム骨を丈夫に過剰摂取で高カルシウム血症
カリウム高血圧・むくみ予防・・・
マグネシウム骨を丈夫に・高血圧予防過剰摂取で低血圧
リン骨を丈夫に・エネルギーの貯蔵過剰摂取でカルシウム量が減少
貧血予防・免疫力を高める・・・
亜鉛抜け毛予防・味覚を正常に過剰摂取でめまいや吐き気
マンガン骨を丈夫に・・・
セレン抗酸化作用過剰摂取で腹痛・嘔吐
酸素の運搬・疲労回復過剰摂取で肝機能障害・便秘
モリブデン貧血予防過剰摂取で胃腸障害
ヨウ素基礎代謝UP過剰摂取で甲状腺機能低下
クロム糖尿病予防・高血圧予防過剰摂取で下痢や吐き気
ナイトリウム細胞の機能維持・神経機能の維持過剰摂取でむくみ
フッ素虫歯予防過剰摂取で斑状歯や歯くされ病
アミノ酸類リジン疲労回復・集中力向上過剰摂取で肝機能障害
ヒスチジン神経機能補助・ダイエット効果・・・
フェニルアラニン記憶力の向上・鎮痛効果過剰摂取で高血圧
ロイシン筋肉強化・肝機能向上肝機能低下
イソロイシン疲労回復・神経機能補助・・・
メチオニン肝機能向上・うつ症状の改善めまい・低血圧
バリン筋肉の修復・美肌効果・・・
スレオニン脂肪肝予防・美肌効果過剰摂取で胃腸障害・頭痛
トリプトファンアンチエイジング効果・鎮痛効果過剰摂取で肝硬変・脳機能の低下
アルギニン成長ホルモンの分泌・免疫力向上過剰摂取で下痢
チロシンうつ症状の改善・集中力の向上過剰摂取でシミやそばかすの肌トラブル
アラニン肝機能向上・運動持続力UP・・・
グリシンうつ症状の改善・美肌効果過剰摂取で呼吸器官障害
プロリン関節痛の改善・美肌効果・・・
グルタミン酸解毒作用の向上・脳の活性化過剰摂取で睡眠障害・神経症
セリン美肌効果・アルツハイマーの予防・・・
アスパラギン酸疲労回復・美肌効果・・・
シスチン美肌効果過剰摂取で糖尿病・膀胱結石
ヒドロキシプロリン関節痛の改善・美肌効果・・・
ヒドロキシリジン疲労回復・集中力の向上肝機能障害

栄養成分に対する副作用の欄をみると少し怖くなるかもしれませんが、これはベルタ葉酸サプリに限らず、過剰摂取することで他のサプリでも起こりうる副作用と同じです。もちろん、日頃の食事でこれらの栄養成分を全てカバーできれば良いのですが現実的ではありません。そういった意味でもベルタ葉酸サプリはママや、生まれてくる赤ちゃんにお勧めです。

・・・がインターネットや口コミでよく見かけるベルタ葉酸サプリに対する副作用について、簡単にまとめておくので参考にしてみてください。

サンプル

「甲状腺に悪影響だからベルタ葉酸は飲まない方がいい?」

甲状腺はのどぼとけのすぐ下にある10~20g程度の小さな臓器で、甲状腺ホルモンを分泌することで、体温を調整したり、臓器を活性化、また新陳代謝を促すことで、脂肪を燃やして身体を動かすためのエネルギーを作だします。この甲状腺の働きを葉酸を過剰摂取することで阻害してしまう可能性があるとのことですが実際はどうなのでしょうか?

これは葉酸とヨウ素を混同して考えているのではないでしょうか?ヨウ素は甲状腺ホルモンの主原料で身体の成長に必要なミネラルですが、過剰摂取してしまうと逆に甲状腺の機能が低下してしまい甲状腺ホルモンの分泌量が低下してしまう場合があります。そのため甲状腺の事を考えるのであれば、ヨウ素の過剰摂取は避けるべきミネラルと言えます。

ですが、葉酸は水溶性のビタミンでヨウ素とは異なります。葉酸と甲状腺不調の因果関係について調べてはみましたが、参考になる文献はみあたりませんでした。

「ビタミンAを含むベルタ葉酸は飲まない方がいい?」

ビタミンAは、レバーやアンキモ・うなぎ等に多く含まれてい、妊娠中にも必要な栄養素の一つです。ですが、過剰摂取は胎児の奇形(形態異常)のリスクが高まることがわかっています。ベルタ葉酸サプリにはこのビタミンAが含まれています。

ですが、ベルタ葉酸サプリに含まれているビタミンAはごくごく微量なので、用法・用量を守れば過剰摂取する心配はありません。

「生まれてくる赤ちゃんの喘息リスクが高くなるのでベルタ葉酸は飲まない方がいい?」

葉酸は健康な赤ちゃんを産むために必要なビタミンであると同時に「喘息リスクが高くなる!?」という話をきいたことはありませんか?実際、オーストラリアのアデレード大学の研究で、積極的に葉酸を摂取した母親から生まれた子供は、そうでない子供と比較して30%程度、喘息のリスクが推計学的に高いことがわかっています。

ただし、問題は葉酸の量です。

喘息リスクが高くなる葉酸量は、なんと72,000μg/1日です。日本では、葉酸摂取上限を1,000μg/1日としています。つまり喘息リスクが高くなる葉酸摂取量は日本の摂取上限の72倍です。ちなみにベルタ葉酸サプリで摂取する葉酸量は400μgとなっているので、過剰摂取さえしなければ安心してベルタ葉酸サプリを利用してもらって問題ないかと思います。

サンプル

まとめ-【ベルタ葉酸サプリは飲まない方がいい!?】副作用や含有成分について解説!

いかがだったでしょうか?

今回はベルタ葉酸サプリにまつわる副作用や含まれる含有成分の効果などを紹介させていただきました。ベルタ葉酸サプリに限らず用法・用量を守らなかったり、偏った食事ばかりしていると栄養バランスが崩れ身体に不調をきたすのは当然のことですよね。

逆に用法・用量さえ守っていればベルタ葉酸サプリは妊活から授乳期までのママの強い味方になってくれるはずです。