【無料で遊べる一人用麻雀ゲーム】麻雀天聖

麻雀天聖の特徴

麻雀天聖は、[難易度][ルール][キャラクター]等、様々な項目が設定できる一人プレイ(対CPU)専用の麻雀ゲームとなっています。ゲームデータはブラウザ(キャッシュ)に保存され、戦績を含め和了率や放銃率、副露率・リーチ率等様々なデータを閲覧することができます。

当初はAdobe Flashで作成されていましたが、人気麻雀ゲームということもありプラットフォームも移行されAdobe Flashサポート終了後はもちろん、スマートフォン等のデバイスでも動作します。

麻雀天聖で遊べるゲームは4人麻雀・3人麻雀それぞれ4種類

段位戦

順位によってポイントが与えられます。ポイントが貯まると、ポイントに応じた階級に昇格することができ、新しいキャラクターが使用できるようになります。通常、段位戦は戦績が悪い場合、階級が降格するのが一般的ですが、麻雀天聖ではマイナスポイントが設定されていなため、打ち続けるといずれは上位階級に昇格することができます。

トーナメント戦

3つのグループに分かれて、各グループの1位のみが決勝戦に選出できるモードです。連勝する必要があるので、勝つためには多少危険な牌でも打牌する、思い切った麻雀をする必要がでてきます。

サシウマ戦

サシウマとは、特定のプレイヤー一人と順位を争うモードです。麻雀天聖のサシウマ戦の場合、サシウマの相手が動物表示されます。他のプレイヤーとの点数は無視して動物表示されるプレイヤーに勝利することが目的となります。

時には、サシウマでないプレイヤーにわざと放銃してゲームを終わらせる戦略も必要になってくるかもしれません。

自由対戦

自由に対戦相手を選んで麻雀を打てるモードとなっています。

麻雀天聖のルールと選択できる項目

麻雀天聖で設定できる項目とルール
頭ハネ いわゆる、ダブロンやトリプルロンを採用しないルール。頭ハネを採用する場合、一つの打牌に対して複数プレイヤーの和了(あがり)が出たら、放銃者から見てツモ番が最も早いプレイヤー一人のみの[あがり]が認められます。
途中流局 プレイヤー4人のリーチが成立する、四家立直、そして第一巡目でプレイヤー4人が同じ風牌を打牌する、四風子連打は流局とし、九種九牌は流局しません。
カン リーチ後でもカンを宣言することは可能です。その際、待ち牌が変わってしまうようなカンは宣言することができません。
三人麻雀
北は役牌
風牌の北は常に役牌として扱います。抜きドラは採用していません。
三人麻雀
ツモ減り
4人麻雀の場合、ツモあがりした場合、他の3人全員から点数を回収しますが、3人麻雀のツモあがりは、回収できるプレイヤーが2人しかおらず、一人分点数を回収することができないルール。
基本的にはローカル役は不採用ですが、流し満貫のみ採用。
難易度設定では、CPUの強さを1~5で設定が可能。また、手牌公開のON/OFFの切り替えができます。

環境設定では、効果音・牌捨タッチ数・打牌速度・手牌サイズの設定ができます。

ルール変更では、ゲームの長さ(東風戦・東南戦)、赤牌の有無、喰いタン、箱割れの設定ができます。

キャラ変更では、アバターを変更したり、今まで獲得したキャラクターの確認することができます。